始末に困る人

仕切り直してみました(2回目)

【私にとっての】ベストな方法かどうかは、私自身がちゃんと確かめながら実践しなければわからない。

 

自分の内面の変化と状況について。

 

 

ここ数ヶ月で自分を降り返らざるをえない事件が続いたため、

改めて自分の内面を見つめてみようと思って実践しています。

 

これまでとやっていることは同じなんだけど、やり方を少しアレンジしたり、自分にとってしっくりくる方法に変えてみました。

 

自分の内面を整えることって、一律の教科書があるわけじゃなくて、

最終的には一人一人が【自分なりに】しっくりくる方法を見つけないと結局続けられないから、難しいのですよね。

 

私は学校のテストなら高得点を取れるタイプなので、教科書があればマニュアル通りにやれるんですけど、

その教科書が本当に【私にとっての】ベストな方法かどうか、は私自身がちゃんと確かめながら実践しなければわからないことです。

 

ずっといい子ちゃんでやってきたので、こんなところでも「正解から外れてはいけない」が発動していたんだな〜と思います。

 

結局、自分にとってしっくりくる方法であればなんでもいいのですよね。

 

以前は、感情を感じ切る、とかもやっていたんですが、

いちいち湧いてくる強いネガティブな感情を「感じるんだ!感じるんだ!」ってやっても辛いのでやめました。笑

 

というか、私の場合「マニュアル化」ができないんだなってことも。

 

必ずノートに書かなきゃ、と思ってもそれもまた負担。

ネガティブは抑え込んではいけない!見つめなきゃ!と思ってもまた負担。

ショックな出来事!でも私に何かを教えてくれてるのね!と思ってもまた・・笑

 

もちろんその時の気分によっては

ノートにも書くし、

ネガティブもじっと感じますし、

辛い出来事からもふと得られたものを感じられたりもします。

 

ただそれを

「それに沿わなければいけない」と義務化するところから苦しみが発生するのだと。

 

あくまでも私の場合は、ですよ。

マニュアルに沿った方が気持ちよくできるって人ももちろんいるでしょう。

 

 

私は、その時の気分によって自由に変えられるのがいいみたいです。

 

人のせいにしたければするし、笑

人に対してムカついたり恨んだり妬んだりもします。

嫌な気持ちにもいっぱいなるし、ネガティブまみれなときもあります。

 

でもそれを「いけないことだ」と裁くことはしません。

しかし「そうはいってもやっぱりいけない」と裁くこともします。笑

 

どっちでもいいんです。

 

なんであってもどっちでも、

とにかくすべて「いいよ」です。

 

 

それを続けていたら、明らかに自分の内面が変化してきたのを感じました。

 

私が自分に自由を許したぶん、自由に振る舞えるようになりました。

何かを恐れたり不安を感じることが明らかに減りました。

ためらわずに行動できるようになりました。

 

私が自由を許したぶん、

周囲に我慢をさせてしまうのでは?と心配することもなく過ごしていたら、

もっと大事にされるような流れが起きてきました。

 

自由であることを喜んでいたら、

それを受け入れてなお近くにいてくれる周囲に対して自然とありがたいなあ、よかったなと思う気持ちが出てきました。

 

 

気持ちひとつでこんなにも世界が変わるんだなあと驚いています。

 

腐って諦めずに続けてよかったなと思います。笑