始末に困る人

ちょっと仕切り直してみました

わたしの人生に、いるものと、いらないもの。【余計なものを捨てることにしました。】

こんにちは。

 

今日はなんか、寒いですねえ。。山沿いだからもう寒いのなんのって。

 

そんな中、大学で実験しつつ、

 

自分のデスクで気づいたことをちょこちょこ書いたりしてて。

 

 

ふと

 

自分だけの快適な空間があるってステキ!

 

と思いました。*^^*

 

 

もちろん大学の持ち物だからそんな変えたりはできないんですけど、

 

デスクと椅子と、PCと、

 

お気に入りの膝掛けだったり音楽だったり、マグカップだったり、

 

そういう小物たちに囲まれて、

 

好きに本を読んだり文章を書いたりできるって幸せだなあーって。

 

ほっこりしました^^

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

で、

 

最近のわたし、相変わらずぼーーっと日々を過ごしていますけど、

 

いつも心を占める不安があり、

 

卒業後どうするのかってことなんですが、

 

 

以前もちょこちょこ記事にしてたと思いますが、

 

今の時点で何にも決まってません。

 

 

これについて、わたしの感じていることを見ていって思ったこと。

 

やっぱり、

 

働かなければならない

 

って設定は、自分の中に根強くあるのだなということ。

 

それも、世間や周囲に「ちゃんとしてる」とみなされるような職。

 

 

卒業したらどうしようって考えて、いつも答えが出ないんですけど、

 

いつもいつも「とにかく何か働かなくちゃ!」って思いが強くて。

 

必ず、そういう焦りがベースにある。

 

 

それはどうして?と考えると、

 

「結婚できるかわからないんだから、せめて仕事を持っておかないと」

 

「結婚するためにも"社会人"という肩書きを手に入れなくては」

 

「とりあえず一人で食べていけるし大丈夫っていう安心がほしい」

 

「ちゃんとしてるって家族や友人に見なされたい」

 

なんか、この辺りがわたしのこわさの源みたいです。

 

 

だって結婚もできなくて、一人になって、

 

お金もなくなって仕事もなかったら、どうするの???

 

そんなの怖すぎる、だから今から、保険をかけておかなくちゃ。

 

 

本当はやりたくないけど、将来が不安だから今のうちにやらなくちゃ。

 

 

って、思っています、わたし。

 

 

 

でも。。

 

少なくとも、それベースで生きてると、ちっとも楽しくないんですよ。

 

わたしはそういうのが心底嫌なんだ。

 

嫌で嫌で、うんざりして、その苦しさをいいかげん手放したくて、

 

ちゃんと働けない社会人失格なこんなわたしでも、許されて生きていたかったから、

 

そっち側へいくって決めたんだった。

 

 

ただ、もちろん不安はなくせないです。

 

わたし、めっちゃ心配性だし、変に予測能力?みたいなのが高いから、

 

いろんなパターンを考えては「ああっこうなったらどうしよう・・・!」って

 

いつもビクビクしてるんですね。

 

 

今までは、必死でそれを「解決しよう」としていた。

 

「解決するために」

 

研究の成果、

 

就活、

 

やりたいこと探し、

 

社会活動に参加、

 

結婚の約束。。。

 

 

そういうものを求めてたんだと思う。

 

純粋に、自分が「ただそれがほしい」のか、

 

「不安を解決するために仕方なく」なのか、

 

ぜんぶごちゃごちゃになってた気がする。

 

 

そして、そういうわたしであることを、認めて受け入れて、

 

自力でくだらない自作自演の苦しみを抜け出さない限り、

 

それら、手に入ったとしても、また新たな不安が始まるだけなんだということ、

 

今なら感覚的にそうだとわかります。

 

 

どんなに安心できそうな何かを手に入れたとしても、

 

そういう類の苦しみがなくなることはないでしょうね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

だから、

 

今のわたしが決められることは、

 

「不安を解消するために」

 

就活とか、やりたいこと探しとか、人に会うとか、セミナーに参加するとか、

 

そういうことをやめるということで。

 

 

なんか一度全部まっさらにしようと思ったんですよね。

 

そんな「何もしていない、何も貢献していない」自分でも、

 

許されて存在していてもいいって、そうなりたいんです。

 

 

だから、ここでまた間を空けずに次のステップを入れてしまうと、

 

例えば就職口もあるにはあるんですが、

 

「なんとなく働いてないとこわいから」っていうのをベースに、

 

「その中でもこれならまあ好きかな?」って選んだとしても、

 

たぶん今までと同じ苦しさをループするだけな気がしていて。

 

そこでまた「頑張り続けないとそこにいられない」が始まるように思います。

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

単純に、どっちがいいかって思ったら、やっぱりその

 

「何もしていないけど生きてる」ほうに惹かれているのがわかって。

 

というか、未知すぎるんですね。

 

これまで一ミリの隙間もなく「頑張り続ける」を詰めてきて、

 

「〇〇という組織に所属している」

 

「〇〇という肩書きがある」

 

というわたしである期間しか、人生で経験がないんです。

 

そういう安心感をいつも優先してきたから。

 

 

そして今も、

 

生き方を変えようってトライしてきたとはいっても、

 

現実なにも変わってないじゃんって(最近の記事)

 

わたしが何も変えてないんだから当たり前だっていう。。^^;

 

 

大学にいつつも研究は頑張らないって決めてるから、

 

それなりにラクになったしゆるく過ごせているけど、

 

 

まだ「大学にいるわたし」を握ったままだから、

 

そのままの状態でちょっと「手を抜く♡」とかやっても

 

結局「それなり」でしかないのではないかと。

 

 

そこに、次のステップとして、また隙間なく

 

「〇〇という肩書き」を求めそれを手に入れてしまったら、

 

結局また同じくらいの「それなり」人生が展開されていくだけなんじゃ?

 

って思ったんです。

 

 

 まあ、仕事は大変だけど、楽しいこともたまにはあるし!

 

こんなもんか、それなりだよね、っていう人生。

 

 

どっちがいいとかじゃなくて、自分はどっちがいいのかってことですよね。

 

 

わたしは、やっぱりそれなりは嫌なんです。

 

「それなりに」手放せてきて、同じ環境にいながらもラクになったけど、

 

「それなりに」ラクだけど「それなりに」苦しさもあり、

 

 

なんか中途半端で、それが自分でいいならいいんだけど

 

わたしは嫌なんです。。。!

 

 

ということに、気がついてしまった。ノート書いていて。

 

 

 

だからわたし、めっさドキドキですが、

 

卒業したら一度プーになります。

 

 

「何もしない。」

 

仕事も探さないし、やりたいこと探しもしないし、

 

「わたしの人生の使命がどこかにあるから、それに向かっていく」ことをやめる。

 

「とにかく動く」ことで繋がったこともたくさんあったけど、それもやめる。

 

 

「人と関わり合いながら見つけていこう」でもなく、

 

「自分の内面から探していこう」でもない、

 

 

「何かを求めて見つけようとする」そのものをやめます。

 

 

だってわたしがちっとも楽しくないから。

 

 

いつどこで何をしていても、わたし、

 

「これはわたしのやりたいことだろうか!?」って、

 

「これが仕事につながるとしたら!?」「この人と仲良くなればいいことあるかも!」

 

そういうときのわたし、

 

めちゃくちゃブスだったと思います。笑

 

 

わかりますもん。

 

ピリピリして必死で余裕がなくて、

 

何かおこぼれもらえないかなって卑しい態度でオドオドして、

 

すんげえブスだったと思うの!笑 ←大事なことなので二回。

 

 

だからですね、

 

わたし、何もしないという期間を、一度やってみようと思うのですね。

 

仕事は探さないし、社会貢献も人生の使命も探しませんよ。

 

卒業したらプーになります。

 

 

 

 

周りの反応も、すごく怖いし、

 

結婚のことも。

 

お付き合いしてる人はとても向上心のある人だから、

 

「何か目標に向かってがんばるわたし」でなければ用がないかもしれない。

 

何もしないなんてつまんないオンナだな、って振られるかもしれませんね。

 

怖いですそれは。

 

 

でも、怖くて怖くて仕方ないけど、

 

そういう「しっかりしている、頑張り続ける、社会に貢献している」、

 

「立派なオンナ」であるわたしを、求められる関係ならば、

 

そうでなければ用がないと捨てられる、離れていかれるような関係ならば、

 

悲しいけどわたしにとっての「本当」じゃないと思うのです。

 

 

悲しいけどわたしはそれは選べないんです。

 

何よりも自分のために。

 

 

わたしは、何もしていなくても、ただそのままの自分で生きているだけでいいんだって、

 

自分で自分にそれを許したいし、そうやって生きたいから。

 

それを自分で選ぶから、

 

何かのオプションがなければ噛み合わない関係を、続けることはできないと思う。

 

 

そう思いました。

 

 

人間関係の断捨離とかなんとかいえばかっこいいですけどね・・・^^;

 

わたしはやっぱりそんなに器用にはできないし、

 

いつもなんかみっともない姿でしかいけないのですが、笑

 

 

そのままで。

 

そのままで、いこうと思います。

 

余計なものは、いらない。もういりません!

 

 

今年も残りわずか、

 

研究も、せめて手放すとしても最後まで愛おしんで関係していこうと思う。