始末に困る人

ちょっと仕切り直してみました

人とのコミュニケーションについて。自分がそれを望むなら、やることはちゃんとやる。

補足の補足になってしまってしつこいですが、

 

過去の「辛かったと感じていた出来事」について

 

gungungunmachan.hatenablog.com

 

 

gungungunmachan.hatenablog.com

 

 

コミュニティのやりとりを見て、また「ああそうか。。」とじわじわ出てきたものがあったので書きます。

 

ええと、

まず思ったのが、

 

うまくいっている人

(幸せそうで、良いこと、良い人に恵まれて、スムーズに進んでいるように見える人)

というのは、

 

やることをちゃんとやっている

 

ということです。

 

それで、その「やること」っていうのが、

 

何かすごく大変な努力によって自分を成長させるとか、

現実を思い通りに動かすために何かをする(外側を変えようとする)とか

そういうことではなく、

 

「自分に集中して、自分の思いを明らかに見る」をコツコツやることを基本として、

 

そして、そこで見えた自分の思いに沿った行動を実際にとれる

 

ということだと思ったんです。

 

もしくは、

どうしても動くことができない、その勇気が出ないというのなら、

そこから逃げるという選択をしてもよくて、

 

でもそれによって生じる結果は、全て自分の責任として受け止めること。

人や状況のせいにしないこと。

「私が動く勇気を出さなかったからこうなったのである」という事実を直視して逃げないこと。

 

そういうことではないかと思いました。

 

動くなり逃げるなり、なんでもいいけど、

最後は「自分でそれを選択する」ということで、

 

この意識がないから、

外側の何かによって私はこうなってしまったんだ、という意識でいる限り、

自分で選ぶということから逃げている限り、

いつまでも辛い現実に翻弄され続けるような、

なんだかいつもうまくいかない、苦しい。。が続いていくのではないかと。

 

 

ーーーーー

それで、私が前記事で言っている「過去の出来事」について、

起こったこと(現実で起こったあれこれ)としては色々あるのですけど、

それらの本質は「人とのコミュニケーション」だったなと思ったんです。

 

コミュニティのあるメンバーさんの投稿で、

大切な人と「言いたいことを言える関係」を作ってこなかったから、

問題(すれ違いや喧嘩など)が起こってしまって・・・というような内容があり、

 

ああまさに私もこれだったな、と思いました。

 

相手からどう思われるか、どうしたら気に入ってもらえるか、そんなことばかり考えて、

 

自分の気持ちを素直に伝えること、

相手の気持ちを確かめること、

 

こういうことを全然やっていませんでした。

 

それが積もり積もって、どんどん関係がこじれていったんだと思います。

 

それで、

やることをちゃんとやる、ということに関して、

 

私は無視されている状況が辛かったので、

「それをやめてください」と伝えたけど、

受け入れられなかった、という事実があって、

 

ここなんですが、

 

私の誤魔化しとして、「私はちゃんと言ったもん!」っていう気持ちが、あったなあと思って。。

なんだかすごく、いたたまれなくなりました。。

 

まだ、そういうところがありました。

相手のせいにしたい、

私はちゃんとやったはずだって。

私は悪くないって。

 

そこで思考停止していたというか、

「私はちゃんと伝えたんだから、あなたが変わってよ」って、

勝手にイライラモヤモヤを募らせていて、

 

私の気持ち=あなた次第。

「あなたがその態度をやめてくれないから、私が辛いのよ」

「私は被害者なんだから」

という姿勢でした。

 

無視されていることが辛いというより、

自分がそれをしっかり選択していたんですね・・・

 

それを、コミュニティのやり取りからハッと気付かせてもらえました。

 

 

ーーーーーー

私は「あなたに無視されて、私は傷ついています」「それをやめてください」

と、伝えました。伝えましたが、

 

それに対する相手の答えは「NO」でした。

「あなた(私)の気持ちを大事にすることはありません」という、はっきりとした意思表示でした。

(彼の本心なんてわからないけど、私はそう受け取りました。)

 

だから、ここで私が次に取れる選択は、

 

それでも彼と分かり合いたいと望み、彼の気持ちをもっと正確にわかろうと努力し、

勇気を持って再度話し合いの場を作ろうと働きかけるか、

 

あるいは、それなら仕方がないと諦めて期待するのをやめるか。

 

どちらかだったはずで、

最終的に私が後者を選んだのは昨日の記事に書いた通りですが、

 

なぜここまで時間がかかったのかと考えたら、

単に向こうの態度が急変した時のショックの大きさや、そういう心の傷みたいなものが落ち着くのに時間がかかったからとか、

そういうことも関係なくはないと思うけど、

 

結局は私が「決めていなかった」からだと思うんです。

 

決めてしまったら、もう言い訳ができないですから。

 

また彼に酷い扱いをされたとして、

瞬間的に辛い悲しいが出てくるのは仕方ないとしても、

「ああやっぱり嫌われているんだ・・・あのとき、なぜ・・・」などと悩んで遊ぶことができなくなるからです。

 

もう期待しないって決めたよね?って自分に突っ込まれるからです。

 

だから結局、そうなることが都合が悪かったのは私自身で、

私が進んでその状況を選び続けていたんじゃないかと思ったんです。

 

 

ーーーーーー

こういうことがわかって、

改めて、自分の気持ちを聞いてみました。

 

それでも彼と分かり合いたいと望むか?

諦めて期待するのをやめるか?

 

私はやっぱり後者を選びました。

期待するのをやめる!と強く決めたというより、

前者をもう選べないと思ったからです。

 

勝手に期待してイライラモヤモヤを募らせていたとき、

私は自分が「また仲良くなりたい」と思っていると思っていました。

それを望んでいるように思っていました。

それなのに、そうならないからこんなに辛いんだって思っていました。

 

でも違ったんですね。

改めて、よく自分の気持ちを見て見たら、実はそんなに関係改善したいとは思っていなかったみたいです。

このイライラモヤモヤを握りしめている方が、私にとって都合がよかったんでしょうね。

 

こういうことに気づいたら、あんなに「また仲良くなりたい」と望んでいたはずの気持ちが全くなくなっていました。

少なくとも、そのために今自分ができることをやろうって、全然思わなくなっていることに気づきました。

 

なんか、拍子抜けしたというか。。

やっぱり自分が勝手に作っていたことだったんだなあと。いたたまれないです。

 

 

ーーーーーー

人とコミュニケーションをとるということ、

難しいことではないのだけど、やっぱりコツコツとした積み重ねでしかないんだなあと思いました。

 

私、それなりに人と仲良くなれるほうだと思っていたんですよね。

コミュニケーションはとれていると思っていた。

 

でも、心を伝え合う、ということ、

本当の意味で歩み寄る、気持ちに寄り添う、というような、

実は自分がほんとうに望んでいたそれらは、まったくできていなくて、

 

怖くても一言伝えてみるとか、

たぶん「ちゃんとやっている」人達が、コツコツと積み重ねているそういうことから、

私は全部逃げてきての今なんだなあと思い知らされた気分でした。

 

経験値、ゼロ。(笑)

でもそういう自分から始めるしかないんだなあって。

 

対人関係に限らず、すべてに当てはまるかちょっとわからないけど、

 

そういう私だったからこそ、恋愛もうまくいかなかったところがきっとあったんだろうと思う。

恋愛経験がないから、っていつも言い訳していたけど、つまりこういうことだったんですよね。

こういうコツコツとしたことを、普段からやるべきことをやってなかったから、綺麗にその通りの現実だっただけなんですよね。

 

ーーーーーー

学び、といえるのかちょっとわかりませんが、

なんとなくそういう感覚が掴めた気がします。

 

「言いたいことは、言う。」

「聞きたいことは、聞く。」

 

たったこれだけのこと、だけどバカにしないで、

ちゃんと自分はできているか?

自分の気持ち、何か湧き上がってくるものや、確認したいこと、聞きたいのに我慢していることはないか?

 

これを教訓に、これからもそれをちゃんとサボらずにやっていこうと思います。

そういうことを積み重ねていった先に、心を大切にしあえる人たち、大切な人たちと、優しい世界を生きたいです。

 

そういう選択をこれからもし続けようと思います。

小さなことからコツコツと!

今日この瞬間から、やっていきます。

 

 

今日はこんなところ。