始末に困る人

ちょっと仕切り直してみました

矛盾していることも受け入れる器の大きさ。

まとまりのないことですが、ふと書いておきたくなったので。。

 

コミュニティのほうにも投稿したのですが、私が過去いろいろあった男性について。

 

いろいろあったといっても、実は相手がいたのに、知らない私が勝手に振られただけなんですが・・・

 

今は当時に比べて心境もだいぶ変わってきましたが、どうしても毎日会わなければいけない関係なので、

その度に完全に無視されており、やっぱりそれはそれとして辛いです。

 

割り切ろう、とか、考えないようにしよう、って思おうとしても、やっぱりできないのですよね。

事実私の心が辛い、悲しいって感じていることを、なかったことにはできないから。

 

起こることは全て自分の責任だし、

全て自分にとって意味のあることで、受け取れる学びがたくさんある。

 

それはわかっているんだけど、このことに関してだけはどうしても頭で「これでよかったんだと思うようにしよう」って思考で蓋をしがちでした。

 

他のことだと、なんというか、自然に流しておけば、そのうち感覚で「ああそうか。。」ってじんわり滲んでくるものがあるのですが、

このことは、そこまでいけないというか、硬くて。

 

それで、昨日もそんな感じだったのですけど、

なんというか無性に腹が立ってきました。

 

彼に対してなのか、

そんな扱いをされることを甘んじて受け入れている自分に対してなのか、

こんなことをいつまでもいつまでも繰り返して懲りない私の在り方に対してなのか、

 

これまでにない怒りエネルギーがフツフツと沸いてきて。

 

今考えると、たぶん、全部に対してだと思います。

 

「いろいろあったけど、これも経験だよね」って綺麗にまとめようとしている自分がいて、それに対して本来の自分がすごい勢いで反発してる感じがしました。

そうじゃないだろうって、キレられました。自分に。

 

本当は、ものすごく傷ついて悲しんでいる自分もここにいる。

でもそれを認めるということは、なんだか「私は可哀想なんですよ」ってアピールしてるような後ろめたさがありました。

 

矛盾しているんですよね。

 

少なくとも彼は私にとって「心を大切にする関係性」を築いていける人ではなく、

なので私はそこに期待していた気持ちを捨てることに決めました。

 

まだどこかで、「話せば分かり合える」「人は本来やさしいもの」と期待をしていて、彼にもそれを求めていたんだと思う。

過去の楽しかった思い出にすがりたい気持ちもありました。

だから、そこに勝手に期待して、見返りがないことに勝手に傷ついていたのは完全に私の自業自得です。

 

でも、捨てると決めても、事実悲しいと感じる自分はたしかにそこにいるんですよね。

 

もう期待しない、そこに振り回されないと決めること、

でも同時に事実悲しんでいる自分を認めること、

 

すごく矛盾している感じがします。

今までの私は、こっちへフラフラ、あっちへフラフラとさまよっている状態だったのではないかと。シーソーゲームみたいな感じで。

 

それが、昨日のとてつもない怒りとともに、「矛盾していてもいい」とふと思いました。

どちらも受け入れる、器の大きさみたいなものを自分に感じたというか。。

 

「私」の手綱を、私がしっかり取り戻せた感覚があったんですね。

それは、目の前に起こる事実に翻弄されるのではなく、

 

その事実をコントロールする力は私にはないんだけど、

そこから発生する「怖い、悲しい」もコントロールはできないけど、

それらを飲み込んで、受け入れて、その上でまた自分の在り方を選ぶことはできる。

 

心を大切にし合える人たちと優しい世界を生きる、と決めている私も、

傷つき悲しむ私も、

同時に存在することを許してもいいんだと。

 

矛盾していてもいいんだ、と思えました。

そしたら、少しホッとしました。

 

「私と彼の関係」だけに注目していた世界から少し視野が広がった気がします。

 

 

蛇足ですが、そうと決めたら冷静に行動する自分もいて、

 

とりあえず信頼できる上司に事情は説明しました。

 

これまでは、喧嘩でもしたのー?と聞かれても、騒がれたくないのでごまかしていました。

もちろん無駄に話を広めるのは私の本意ではありませんが、

でも何かあった時に自分の身を守るため、できる対策はしておこうと決めました。

 

 

今日はこんなところです。