始末に困る人

背伸びしないで、かっこつけないで、素直に生きてみる

自分と向き合うことの怖さ。(続き)

先ほどの記事の続きです。

 

gungungunmachan.hatenablog.com

 

ノートにいっぱい書いていたのですが、

何がモヤモヤするって、【研究が思い通りに進まないこと】、なんです。

 

他にも、心配事とか、心を持って行かれる出来事はちょこちょこあるんですけど。

 

もうわたし、どこで何をしていても、

 

研究を、どうするか?

 

が、もう抜き差しならないのです。ついてくるんです。いつどんな時も。

 

これを脇に追いやって、楽しいことして嬉しいー☆とかやっても、だめなんです。

100%じゃないんですよ。

心の片隅で、「でも研究は?」って、チクッと痛むんです。

 

もう、なんでこんなに離れられないんだろう。。謎です。

何度もなんども、やめてやるもう嫌だって泣いて喚いて、爆発してきたのに。

わたしの心が、ちゃんと叫んでるんですよね。

研究をちゃんとしたいよって。これを置いていけないよって。

 

何が正解かなんて、わかりません!

たぶん正解を求めてるんだと思う。

「研究に向かってもいい、もっともらしい理由」を。

 

ここまでやってきたから、とか

今更やめられない、とか

研究が好きで仕方ないから、とか

他のことができないから、とか

 

頭では色々とそれらしい理由を持ってくるんだけど、しっくりこない。

あえていえば、どれも正解。

どれもわたしの中にある答えです。矛盾していても、すべてわたしの中にある。

 

何が正解なんだろうって、うーんって悩んで、

〇〇だから、っていう【それらしい答え】があれば進もう、としてた。

 

根拠なんてないんですよね!

「正解を探して納得しようゲーム」を延々とやってるだけ。

それ、楽しいの?やりたいの?と問うたら、ばかばかしい!と返ってきたので、やめることに決めました。

 

矛盾していても、答えなんかなくても、進んでもいい。

そう思いました。

 

現実問題、進もうとすれば、

「それをやる理由は?」

「なぜ、それをやるの?」

をどこに行っても聞かれる。

でもこれももう仕方ないんですよね。

わからないんだから、しょうがないじゃないですか。

 

そんなところでぐるぐる巡って、今を取りこぼすのは馬鹿らしい。

やってみてダメだったら、それはそれでいいじゃない。

 

 

ずっと研究が煮詰まっていて、なんでできないんだろうって落ち込んでいて。

やるって決めたのだから、諦めないことは確定なんだけど、

落ち込むものはもう止められなくて。

今日も朝からずっと落ち込んでいて、作業も全く進まなくて。

一人で悶々としていました。

 

たぶん研究に限ったことじゃないんだけど、

どんな自分でも許されたかったんだと思います。

できない自分=ダメ、と自分でジャッジしてしまうのが苦しかった。

 

人に勝てるものなんか何も持ってない、

何も優れていない、

ぜんぜん大したことのない、

〇〇ができる、〇〇を持っている、

こういうものも何一つない

ただ生きているだけの、ちっぽけなただのわたし、

 

こんなわたしでも、生きていていいのだと。

ここにいてもいいって、

そう言われたかった。

誰よりも、自分自身に。

 

それがわかったら、少し落ち着きました。

いろんな思いが矛盾しながら湧いてくるけれど、すべてわたしの中にあるものです。

こんな風にも思っていたんだなと、気づいてあげられるとちょっとホッとするのでした。

 

研究のことも、できないのはもう仕方ないんだけど、

責めてしまう自分もそのままに、

でも一人ではどうしようもなくなってきたので、

やっぱりできないなりにも少しでも進めたいので、

別のラボの教授に相談に行ってました。

 

受け取れたこと。

・他分野の学生という、別にメリットもないわたしのために時間を取って聞いてくれる先生がいる。

・毎日集中して研究できる恵まれた環境。

・できなくても別に誰にも責められない。

・教授は、わたしのペースに合わせてサポートしてくれる。

・ラボのみんなも、とても優しい。わたしができないことをやってくれる。

 

できなくてもイイや〜、という、ぬるい気持ちって、やっぱり違うんじゃないかなって思ったんですよね。

それはただの甘やかしというか。

もちろん、できてもできなくても自分にOK出せることって大事だと思うんですが。

 

もうちょっとやってみよう、と思えました。

研究、やめないって。自分で決めたので。

一ヶ月後には気が変わっているかもしれないけど。

今、わたしはそうしたいと思っている。

だから、それを叶えてあげたいと思う。

 

今も大学で、作業中なんですけどね。

今日はもう少し頑張って進めてみます。

何が正解かなんてわからないけど、やってみます。