読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始末に困る人

言い訳しない、逃げない。まっすぐ志を持って、自分の人生を生きる。

もう行動するときが来ている、という感覚【また出かけてきました】

先週また出かけてきました。

 

普段の生活では絶対に関わらないはずの人達と、

自分が一番、語りたいこと、関心があること、黙っていられないこと、をひたすら語る。

志を同じくする人たちと同じ時間を共有する。

 

楽しい反面ものすごく消耗しました。たぶん慣れないからですね。

戻ってきてしばらく頭がクラクラしてた。

それなのに、さらにその世界に突っ込んでいこうとしている自分がハッキリしてしまった。

 

そこには、愚痴や文句ばかり言ったり、人のせいにして高みから見物する人はいなかった。

「俺はわかってる」風に、正しそうな正論を振りかざす人もいなかった。

 

誰もが、自分が当事者であるという前提で話している。

だから魂から伝わってくる。その分消耗もするし疲れるけど。

 

私、何度も言っているけどやっぱり対面しないとわからないことってあります。

その場のエネルギーというか、その人の魂の言葉や思いが伝わってくる。

 

ネットでいくら気に入らないことに吠えたり噛み付いたりしたって何も変わらない。

私もブログやら本やら読みあさってた時期あったけど、

もちろん知識や情報は必要なものだけれど、

 

もう行動するときが来ている。

 

ずっと感じていたことを、そこで同じメッセージで受け取ったのでびっくりしました。

分野とか関係なくもうそういう時代になっているんだと思いました。

気づき始めた人達はどんどん進んでいる。

 

私は政治経済や歴史が好きで関連ブログなんかもよく見るのですが、

最近はだらだらとネットサーフィンする時間が本当になくなりました。

 

必要なものが直感でわかってくるので、必要ないものをどんどん切り捨てられるんです。

特に不特定多数の人が書き込める掲示板やニュースサイト。

あるトピックについて多様な意見が出るから勉強になるかなと思って、

よく暇つぶしも兼ねて見てたけど、今は時間の無駄に思えてならないです。

 

見るとしても、建設的な議論がされているところしか見ないです。

そういう場って本当に少ないけど、ちゃんと見分けられるようになったので。

 

ネットが悪でリアルが善と言いたいわけじゃないし

ネットだけが持てる力も当然あるけど、それをどう使うかは結局自分次第なんですね。

 

気づき始めた人はもう行動している。動き出している。

そこからどんどん新しい流れが生まれて、たくさんの人を巻き込んで広がっている。

 

流れはいろんなものがあって、それぞれの持ち場というのもあって、

どれが正解とか正しいとかではなく、

自分がどの流れに乗りたいか?ということ。

自分はどの流れを選ぶのか。それを選べた自分の直感を信じられるのか。

 

私は一つ見つけました。

動いたからこそ見えたものです。そこだけは自分すごいわって自画自賛です。

そのままさらわれていきたい。

わけのわからないまま巻き込まれていって、私の全部を持っていかれたい。

 

このまま、私の全部持っていかれて、

今まで私が築いてきたもの全部なくなってもいいと思った。

お金とか立場とか。

今出会えたこの感覚に持っていかれるのなら全部なくなってもいいと思った。

だってこの感覚は今しかない。今じゃないとだめ。

そこまで思える出会いなんて、きっとそうそうあるもんじゃないと思う。

 

だからただ出会いに感謝です。それを掴めた自分にも。