読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始末に困る人

言い訳しない、逃げない。まっすぐ志を持って、自分の人生を生きる。

「自分が消耗するだけの関係なら、もういらない」という覚悟。それでも私の世界にいてくれる人に感謝。

昨日の記事で、人間関係のことを書きました。

 

gungungunmachan.hatenablog.com

 

 

それに関連して今日、ちょっとした出来事があったので記録しておこうと思った。

 

友達のことです。

私は友達が少ないです。

知人とか知り合いレベルの人はそれなりにいると思うけれど、

何かあったときに話せる友人、まず連絡する人、というのはあまり多くない方だと思う。

 

 

で、

そんな友人の一人と、メールでやり取りをしていて。

詳細はプライベートなことなので書きませんけど、ある職業のことが話題になったんですね。

 

公務員なんだけど、たぶん世間的にはあまり良いイメージを持たれないことが多いお仕事。

こう書くとだいたいわかっちゃいますかね・・・

 

職業に貴賤はなしと言えども、好き嫌いはそりゃそれぞれあるだろうし、別にそれはいいんですが。

個人的な出来事で、その職業を受け付けなくなったとしてもそういうこともあるでしょうし。

 

その子もやはり、その職業のことがあまり良いイメージではないとのことで。

詳しくは知らないけれど、過去に何かあったのかもしれないけど、

おそらく「なんとなくの」一般的な先入観なのだと思いますが(違ってたらごめんなさい)

その職業の人は警戒してしまうな、というニュアンスの発言をしました。

 

逆に私は、

身内にその職業の人がいて、真面目に働いているのを知ってるし、知人にもいるし、

数少ないけれど関わったその職業の人はみんな優しくて親切だったので、

だから上記の発言に対して、ちょっと「むっ」としたんですね。

 

しつこいけど別に嫌うなって言いたいんじゃないです。

嫌っていてもいいし、その友人が悪いとかでも全然ないです。

 

問題は私の心なんですけど、

(↓以下私の心の中)

 

実際に会ったこともないのに、何かされたわけでもないって言う割に、

そんなふわっとしたイメージで嫌だな〜とか、なんでそんなこと言えるんだろう。

私の身内はその職業なんだけど?どんなに大変な仕事か知ってて言ってるの?

別に嫌ってもいいけど、そんなふわっとしたイメージに流されてどうするんだ?

自分の意見はないの?

テレビなんかの情報を鵜呑みにしないでちょっと疑う気持ちは持てないの?

なんで自分は安全なところに身を置いて、受け身で与えられるのを待ってるの?

完全に安全だという保証がなければ動かないつもりなら、一生そのままだと思うけど。

 

 

・・・めんどくせえ!!!

あ、私に対しての私の感想ですよ笑

 

なにこのめんどくさい女(笑)

私がですよ!友人がどうとかじゃないです。友人のことは私の問題ではないのだ。

 

問題は、こういう「むっ」とした気持ちを隠したまま、

 

「そうなんだ〜わかるわかる」

「仕方ないよね、気にしないでいいんだよ!」

 

とか、思ってもないことを、偽善者ぶって言うことです。

これまでの私だったらこういうセリフ言ってたんだろうなー。

腹の中ではむっとしてるくせにね。

嫌われたくない、関係を壊したくない、良い人に見られたいとかいう

だっせえ下心全開で、偽善者ぶってニコニコしてたんだろうな。

 

ちょっと悩みました。

でも一瞬で、上記の心の中のムカムカが発生したのをすかさずキャッチして、

あーこれはだめだわと明らめ、

取り繕ってごまかすのはやめて、

 

そういうことを言ってほしくない

 

というニュアンスのことを、伝えました。

自分としてはオブラートに包んだつもりだけど、ちょっときつい言い方で。

 

余談だけど、私が人とつながるときに直接会うことを重視するのは、

メールとか電話が苦手だからということもありまして。

特にメールは、私の性格上どうしても固めの文章になってしまうんです。

かなり打ち解けた間柄ならそれなりにくだけますけど、でもちょっと固め。

 

だから、こういう「本音」を包み隠さず伝えようとすると、

どうしても「きつい」文章にならざるをえません。

たぶん人によっては「怒ってる」と捉えられると思います。いや怒ってるんだけどね

 

でも八つ当たりで怒ってる訳じゃなくて、わかってほしい思いがあるから。

きつい言い方になっても、私にとって譲れない点をちゃんと伝えたいからなんです。

この辺りが、どうしてもメールだと伝わりにくいでしょう。

言い回しによってはいらぬ誤解を招くこともあって、非常にめんどくさい。

だからできるだけ対面で話したいんです。

 

 

話を戻して、伝えたはいいんですけど、

 

あーやっぱり、こんな言い方して悪かったなー・・・

私めんどくさいよなー、こんな糾弾するような言い方しなくてもいいじゃん・・・

嫌われたかなー・・・ドン引きだよね・・ショボーン

 

と一人で悶えていたら、返信が。

嫌な思いさせてたらごめんね、と。

 

・・・嫌われなくてすんだみたいです(よかった・・・)

嫌われるの怖いなら、適当に取り繕って迎合してればいいじゃん?って話なんですが、

どうしてもそれができなかったという。

それはやっぱり、大切な自分の本当の気持ちを優先させたいから。

そこに一切の妥協をしたくないから。

 

今回はわかってもらえたからよかったけど、

私がこういう状況になったときの本音の文章って、正直だいぶキツイです。

すげー怖いと思います笑

自分でも読み返して身震いするくらい。

 

だからそれをぶつけられた方はもちろん不快になるだろうし、

何だ!こんなことで!って怒って私を切る人もいるでしょうね。

私は自分と付き合ってくれる友人がそういう人と思いたくないし信じているけど、

こればかりはわかりませんから。

 

今回は友人が受け止めてくれる懐の深い人だったのでよかったけど、

こういうことしてたら確実に友達減るでしょうね

でもここまで書いてて思ったけど、それは私の世界にいらない人が消えていくということで

それならむしろ都合がいいのでは?と思った。

そりゃあ嫌われるのは怖いけど。

自分が消耗するだけの関係なら、もういらない。

 

ちょっとした友人とのやり取りでしたが、

また一つわかりやすい流れ(直視→決める→動く)ができたなあと思ったのと、

「自分にとっていらない関係ならもう必要ない」と思えた貴重な出来事なので、

備忘録として残しておきます。

そして受け止めてくれた友人にも心から感謝。

 

やっぱり、みんな大好きだなあ・・・

と、しみじみ思ったのでした。