読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始末に困る人

言い訳しない、逃げない。まっすぐ志を持って、自分の人生を生きる。

私の絶望シリーズその2

 

こんにちは。

相変わらず毎日そわそわして過ごしています。けいこです。

 

今日は、また私の絶望面に踏み込んだ内容を書きたいと思います。

↓こういうやつです。

gungungunmachan.hatenablog.com

 

 

最近の動きのスピードがすごいって言ってるけど、

同時にいかに自分が言い訳して逃げていたかがどんどん炙り出されてきてて。

 

もういい加減に逃げるのをやめろ!

自分を惨めにする選択するのをやめろ!って絶望したのが上の記事。

 

なのにまたやっちまいました。

もーこれ何なんですかね。気づく度に絶望、がーん!で、落ち込みきったら次。

そしたら進める気持ちになるのも確かなんだけど。

 

きっとテイクがまだまだ少ないんですね。ずっといい子ちゃんで来ちゃったから。

気づくとまたダサイ言い訳してるわ!って次々に出てきて。

これまでの生き方のクセってほんとしつこいです。

 

で、

今回の内容は、まとめると

・人に良く見られたい病

・人に気に入られたい病

・頑張ってる私を認めて!好きになって!病

一言でいうと

 

自分の中の嫌な感情を直視しないでごまかして綺麗事で取り繕ってました

 

私のクセはどうもここにポイントがあるようなんですね。

たぶん、このポイントも人それぞれなんでしょう。

 

この記事で書いたように、

 

gungungunmachan.hatenablog.com

 

今ちょっとしたイベントを企画してます。

それはこの私の思いに関連したことなんだけど、

 

本来あるべき日本の国体を守り、継承していくために、

社会的なネットワークや活動を通じて発信していくことで、

日本の若者に日本の良さを教え、伝えていく

 

私は普段大学にいるので、ものすごく狭いコミュニティとしか交流がありません。

広いといえなくもないけど、そもそも大前提として「大学とか教育関係者」なんですね。

だから、暗黙のルールじゃないけど、何となく話が通じやすい雰囲気もある。

 

その一歩外に出ると、当たり前なんだけど、

今まで自分が当たり前と思ってたルールがなんか通用しない。

で、よくわからないけどそこの世界ならではのお作法みたいなものがある。

 

たぶん、普段からいろんな世界に関わってる人なら肌身でわかっているんでしょうけど、

私はそういうのが全然わかってなかった。

大学・教育界というものすごく狭い温室の中でぬくぬく生きていたということ。

 

今、そういう「外の世界の人たち」と初めて密接に関わってみて、

しかも私が自分の責任でやらなきゃいけなくて(手を挙げたんだから当然ですが)

なんと言いますか、本当に逃げられないんですよね。

 

それが死ぬほど怖くもあり、同時にワクワクでもあり、楽しくもあり。

わけもわからないまま巻き込まれつつ、がむしゃらにやっている最中なのですが。

 

私の良くないクセです。

出会った人みんなと仲良くなりたいし、好きだし、そのために色々頑張っちゃう。

それ自体は私自身もとても良い所だと(今は)思えていますが、

これが行き過ぎるとどうなるか???という話。

 

みんなの役に立たなくちゃ

みんなと比較しても恥ずかしくない自分でいなくちゃ

これを全力でやることでみんなに喜んでもらいたい

そんな私を好きになって、認めてほしい

 

こういう思いがあること自体はいいと思うんです。

だけど、私は本当は

死ぬほど怖くて不安で泣きそうだし

初めてのことだらけでルールも分からないまま飛び込んで、すごく恥ずかしいし

関係者に助けてもらいっぱなしで、罪悪感も感じているし

けっこういっぱいいっぱいなんですよ。

 

問題なのは、こういうモヤモヤをちゃんと直視しないまま進もうとしていたこと。

自分を生きているから確かにこれまでとは違うんだけど、

「本当にやってみたかったことをやって、その上で皆にも喜んでもらえたら」

とかいう、なんか綺麗事を勝手に自分の中につくって、

不安もあるけど頑張ろう!!!って

無理矢理、進むことこそ正解!としてしまっていたんです。

 

実はこれを書いてる最中にもいろいろやり取りがあって、

それのせいでまたもう無理!となって

さっき、本気でブチギレまして(笑)

自分に、ですよ。関係者にもちょっとブチッといきましたけどね笑

 

もういい!完全に「私のために」やることにする!

他人なんて関係ないから!

あいつら(失礼)に気に入られるかどうかとか他人基準はもうやめる!

もういい嫌うなら嫌えばいい

いい子ちゃんでいるのなんてうんざりなのよ!

完全に私の経験のためだけにやってやるからな!

 

という感じでいつものごとく爆発。絶望。がーん!

で、どうする?

 

「自分のために」やり抜くことにしました。

これを完遂することで、誰かに気に入られるとか、役に立てるとか、

そこを最優先するのはやめる。

私が一番。私の経験のため。私がどうしたいか。

それによって、大切な人に嫌われるかもしれない。

それはとてもこわい。でも、もういい。

 

 

こういう結論を出せたので、ちょっとすっきりした。

いやしかし本当にクセってしつこいもんですね。

たぶんこれからも繰り返し繰り返しあるんだろうけど。

なんとなくコツが分かってきたような気もする。

 

今日はそんな気付きがありました。

これが正しいのかどうなのかとか、やっぱりよくわかんないけど

自分の感じたことだから、そのまま信じてまた進もうと思う。