始末に困る人

背伸びしないで、かっこつけないで、素直に生きてみる

わたしも「ただのオンナ」に戻ります!

私がブログを始めるに至ったきっかけは、
 
こちらのブログ
 
私が自分らしく生きる決意をするまで
強力にサポートしてくださった
「元祖・ただのオンナ」真穂さんのブログです。
 
「ただのオンナに戻る」
みんなが望むようないい子でいる必要はなく、
自分の本音に沿っていきるということ。
 
自己啓発本とか、それ系のブログとか
「好きなことをして生きよう!」的な教えって
世間にあふれてますけど、
 
私がこれは!と惹かれたポイントの一つは、
「オンナ」であることに焦点を当てていること。
 
オンナは、オトコと戦う必要はないし、
過度にがんばったり、
資格やスキルを身につけたり、
出世してたくさん稼ぐ必要もなくて、
 
ただオンナとしての自分を大切に生きれば、
自分も大切な人も結果幸せになれる。
 
これは、「優等生であること」至上主義だった私にとって
衝撃の事実でありました。
だって実際に真穂さん自身がそれを実践して、
どんどんキラキラしていってる過程が
リアルタイムで綴られていくんですもん。
 
よく「好きを仕事に」って言うじゃないですか。
私は素直にそれを信じて、
「自分のやりたいことを追求して」
「世の中の役に立つ、立派な仕事をして」
「イキイキと働いて輝く女性」
にならなければ、幸せになれないと思ってました。
 
「ただのオンナ」は、まさに真逆。
ただ、ありのままの自分を認め、大切にすればいい。
じゃあラクじゃん!
がんばらなくてもいいならそっちの方がいいわ!
と食いついた私。これが3ヶ月前。
(実際はそんな生易しいもんじゃないってことを後に知る)
 
勢いでセッションに申し込み、
3ヶ月間お世話になり、なんとか一歩を踏み出した←今ここ
 
ブログ始めたのは、こんな私の体験記でも
どこかの誰かに少しでも響いてくれるんじゃないかと思ったのと、
自分の考えをアウトプットする場をつくりたかったから。
 
 
私が日記をつけ始めたのは、社会人になってからです。
日記というか、その時の心境をひたすら書きなぐるノート。
今読み返しても怖い。これを人に見られたら死ぬしかない。
 
私は子供のころからずっと優等生として生きてきて、
優等生であれば皆に認めてもらえると思ってました。
親にも先生にも友人にも、
「優等生である私」を望まれてるような気がして、
それに従っていい子を演じ、嫌われないかビクビクしてました。
そんな自分が大嫌いでした。
 
勉強も運動も部活も友人関係も恋愛も、すべて中途半端で。
なんとなく生きてた。
「自分の意見」というものが何もなかった。
 
何かあればすぐ人のせい。
家族が悪い、学校が悪い、田舎に生まれたから悪い、
周りの環境が悪い、あれさえあれば、これさえなければ、
文句ばかりで、かといって自分を変える勇気もない。
 
夢や希望を持ってキラキラ生きてる他人が嫌いでした。
失敗すればいいのに、って思ってました。
あの人は恵まれてるからできるんだ、って妬みまくってました。
 
まあそんな生き方でも、優等生ならそれなりの職には就けるもので。
なんとなく成績で大学を決め、
それなりにがんばって単位を取り、
なんとなく周りと一緒に就活して就職。
 
そんな経緯で入った職場で頑張れるはずもなく、
すぐに仕事が嫌になってきました。
環境的には、職場の人間関係は良好でしたし、
ほぼ定時で帰れて激務でもなかったのです。
それでも嫌で仕方ありませんでした。
 
そこからなんやかんやあって、
結局仕事は辞め、転職を経て、今は大学で研究しています。
私がずっとしていたことは、一つだけ。
「自分と向き合う」ということです。
 
私は本当はどうしたいのか?
私の使命は何なのか?
私はこれからいかに生きるべきなのか?
ずっとずっと、自分に問いかけ続けてました。
 
今も明確な答えは出ていませんが、
「ただのオンナに戻る」という
冒頭の真穂さんの生き方が、最も自分の想いに近いと思ってます。
 
仕事を辞めて大学を再受験すると決めた時には、
「自分の頭で考え、どうしたいのか決める」
これがだいぶできるようにはなっていましたが、
まだまだ「優等生至上主義」から抜け出せていなかった。
 
大学の研究好きだったので、戻りたくて戻ったんですが。
できもしない「世の中の役に立つ」にしがみつき、
研究で科学の発展に貢献するんだ!!的なキャラを演じてた。
本心ではそんなこと全然思ってないくせに。
(実際の研究者でもそんな立派な人は少ないけれども)
 
前提が「人にどう見られるか」なので、
結局全然変われてないし。
厄介なのは、
これが自分で出した答えなんだ!に酔っちゃってるので
本当は違うってなかなか認められないのです。
仕事辞めてまでやってるんだから、
この生き方が正解に違いない!この道で行くぞ!みたいな。
 
で、いよいよ進路の方向決めないといけない時期に、
自分で自分を追いつめすぎて、爆発しました。
同時に体も壊しました。
実験も論文もやらなきゃいけないのに、手が動かない。
周囲からは「期待してるよ」「頑張れ!」と励まされる。
 
でもできない。
そんな自分を責める。
余計にやる気が出なくなる。
の無限ループ。
夜中に泣きながらプレゼンの資料つくって、
そのまま徹夜してジャーナル発表して、
ああもう無理だと思いました。
誰でもいいから助けてほしくて、
でも身近な人になんて説明すればいいのかわからなくて、
少しでも気を紛らわそうと、
色んな自己啓発系のブログを読みあさる。
そこで出会ったのが「ただのオンナブログ」だったのです。
 
でもね、真穂さん自身もおっしゃってますけど、
本気じゃない人は行かない方が良いと思われます。
私も、変わるのこわいー
みんなにどう思われるかこわいー
とかナマいってたらバッサリ切られましたので(笑)
 
そういう、
あなたは悪くないよ!
怖いよね、でも大丈夫!がんばろう!
みたいなのを期待してる人には合わないと思うのです。
でも本気でやる気がある人なら、
愛のある素晴らしい後押しをしてくださいますし、
絶対に変われます。
 
私はというと、
あんなにしがみついてた「研究者になる」という道を
すっぱりやめることにしました。
そして、
「やってみたかったけど無理だと諦めていたこと」を
少しずつ始めています。
 
それが、昨日の記事のこれ↓
 
日本が好きなので、
この国を守りたい、より良い国にして次世代に渡したい。

 

そのために、
日本人の、特に同世代や女性の意識を変えたいなと。
 
政治家になるかどうかは、まだわかんないけど、
そういうことができたらいいな!と思ってます。
 
でも「変われ」と言っても人は変わらないので^^;
まず「自分が変わる」
 
どこまでいっても自分。自分しかない。
ストイックに自分を見つめて自分の心に沿っていきたい。
人に嫌われたくなくてビクビクするのはもうやめる。
私の人生、誰にも渡したくない。
 
そんな心境で、日々過ごしています。
しかし、偉そうなこと言ってますが
今でもささいなことでイライラモヤモヤしたり、
基本のきを忘れていたりと
まあ毎日いろんなことがありいろんな気付きがあるので、
まだまだ発展途上!ということで
私の今のリアルを
記録していくつもりです。
 
お読みいただきありがとうございました!