読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始末に困る人

言い訳しない、逃げない。まっすぐ志を持って、自分の人生を生きる。

この始末に困る人

なんでこんなブログタイトルにしたかというと

 

命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は始末に困るものなり。
この始末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり。 

 

西郷隆盛の有名な遺訓ですが、

もともとこの言葉が好きなのと、今の私の感覚にぴったりだったので。

 

世間的に良しとされる「成功」とか、

地位や収入とか。

最近の私はあんまり興味がなくなってきました。

それよりも自分の本音に沿って生きたい。

 

国家の大業とまではいかなくても、

「命も名も官位も金もいらない」私だから

出来ることがあるのではないかと。

 

私は日本が好きなので、

この国を守りたい、より良い国にして次世代に渡したいと思ってます。

 

そのために色々やってみて思うのは、

人の意識を変えなければ根本的な解決にならないということ。

意識を変えるというのは、

単に「自分の頭で考えようね」ってだけなのですが。

 

みんながこう言ってるから、

みんながこっちを選んでるから、

みんなと違うことをして気まずくなりたくないから、

 

誰かもわからない「みんな」という、

「ふわっとした民意」みたいなものに

流されるのではなく、

「自分なら何を選ぶのか?」を考える。

 

そういう人が増えるだけでこの国は確実に良くなると思う。

 

そして、「自分はどうしたいのか?」自分に問いかけて、

その感覚に沿って生きる、というのは、

国の未来云々だけではなくて

単に個人としても幸せになれる唯一の道ではないかと思うわけです。

 

でも、じゃあ「自分らしく生きる」ってどうすりゃいいのよ?ということを

私も目下実践中なので、記録として書いておこうと思いました。

ここまで私がいろいろ経験してみたことも含め、日々の気付きなど。

 

自分の考えの記録にすぎませんが、

もしもどこかで、誰かの心に響いてくれたら嬉しい。

そんな願いも込めて。