始末に困る人

ちょっと仕切り直してみました

無職、以上。で、どっちにするの?

前回記事の続きなんですが。

 

gungungunmachan.hatenablog.com

 

自分の現実を直視して、

 

それでも私は自分の望むところにお金を使う、と決めたはいいんですけど。

 

 

今日も大学でのんびり作業しながらぼーっとしてて、

ただのオンナに戻ってから完全に「デキる優等生」から脱落しました…^^;

 

で、どうしたいの?

 

という問いがふと浮かびまして。

 

私は、無職である。

私は、好きな勉強のためにお金を賭ける。

 

働いてない後ろめたさとか、罪悪感とか、惨めさとか、

院生であることをやたら強調したくなるとか、

 

そういうものがあるのは、いつもの私の

・自分かわいそうキャンペーン

・でも頑張ってるので許してください運動

の一環で、ああまたか…と淡々と感じられるようになってきて、

 

それでも、好きなことに進む!と決めたはいいけど。

 

で、どうしたいのきみ?

 

稼ぐ人生にするん?稼がない人生にするん?

 

って、なんか変な口調の神様?が降りてきた笑

 

 

なんか気持ちがまとまらないので箇条書きにしてみます

 

・お金を稼ぐ、ということに対する恐怖みたいなものがある。

・稼ぐ=苦労、大変、努力、と思ってる。から怖い。いやだ。

・でも、好きなことのために使うお金は欲しい。

・好きなことのためどころか、贅沢もしてみたい。

・快適な環境を得るために十分なお金がほしい。

・でも苦労はしたくない。

 

うーん。。。。

お金に関しては、まだ私、直視しきってないんですねえ。

うまくまとめられません。

 

でもね、私、思ったんです。

稼いでる人(諭してくれた社長さんとか)に対するコンプレックスがあるってこと。

 

それはもちろん、私が今無職だから情けなくて恥ずかしいってこともあると思うんです。

 

でも、そこに強烈に反応するのはどうしてなんだろう。

 

例えば、私はスポーツにはほとんど興味がないんですが、

もし友人に何かスポーツの一流選手とかがいたとして、その競技を私が一切できないとしても、

 

ふーん。友人すごいなー。

 

で終わると思うんですよ。

なんなら、そのスポーツで活き活き輝いてる友人、いいね!って素直に嬉しくなれると思うんですよ。

 

 

構図は同じなのに、なぜか私は「稼いでいる人」にすごく反応してしまう。

 

そうなれない自分が、なんか嫌で、見たくない。

コンプレックス。劣等感。社長に比べて、稼いでない私は、惨め。

 

こういう気持ちが出てくるってことは、

 

本当は、私もお金をたくさん稼ぎたい、と思っているからでは?

 

そっちの世界に私も行くことを、本当は望んでいるのでは?

 

 

それは、ただ、自分の情けなさを覆い隠すためとか、

ちゃんと社会人やっていますアピール=世間からOKと言われるため、ではなくて。

 

ただ純粋に、私の魂が「稼ぐ」ことを「稼がない」よりも望んでいるのではないだろうか。

本当の私が、「稼ぐ」人生であることに対して、OK!そっちがいいです!と言っているからではないだろうか?

 

なんというか、地味に衝撃でした。

認めたくなかった自分がまた一つ。。もう、どこまで私、無限なんだって思った。

どんどん、衝撃な、え!?(そんなことが本音なの!?)みたいなのが出てくる。

 

それと、ここまできてまだ「そんなこと望んじゃいけない」みたいな縛りを勝手に作ってたことにも気づきました。

お金を求める=はしたない、汚い、みたいな。

 

あともう一つ思ったこと。

 

認めちゃったら、「それを叶えるためには〇〇が必要で…そんなの無理だよ」と否定する気持ちが出てくるんですね。

これを感じたくなかった。

稼ぎたいという望みを認めると、今稼げていない自分、という情けない姿を直視しなければならなくて。

 

だから、

そこそこでいいです〜

好きなことができればそれで満足なので〜

収入?生活できれば少なくてもいいです〜

 

だから今の無職の情けない私でも問題ないんですよ^^

 

って、やってたと思います…なんだこれ…

 

一周回ってちゃんと叶っていた、ということなのかなあ。

 

「本当は稼ぎたい私」を直視したくないから、

あえて無職でいることで、許されようとしてたというか。

そこ、曖昧にして逃げてたというか。

 

「稼ぎたい」なら、素直にそこを求めればいいのに。何、目を逸らしてたんだろう。

わたし、本当はお金稼いでみたかったんだね?

そう叫んでた私を、無視して逃げてたってこと。

あーなんか、いろいろ絶望です…

 

それにしても、そういう思いのタネがあったのだとしても、

「稼ぐ方法」とか「起業するには」みたいな、そういうのにどうしても気持ちが向かえなかったのはどうしてなのかなあ。

わからないし、これを明らめたところで、なら経営を学ぼう!とかも全くワクワクしないんですが。。

 

お金があることで、私はどうなりたいかって、単に安心して過ごしたいだけなんですけどね。

時間の自由も欲しいし、快適な環境も欲しいし。

稼ぐためにこれらを犠牲にするのではなくて、これらを得るためにどうするか?って方にエネルギー使いたいですよね。

あ、そういう視点だと、ちょっと何かできそうな気もするなあ。

 

自分に快適な環境を用意する、と考えれば、ワクワクしてくるもの。

どんな生活スタイルが本当は好みなの?とか。

それに向かうために、今できることをちょっとやってみればいいってことなのかな。

 

そう考えると、本当の望みは、お金じゃないのかもしれないけど。

でも「稼ぐ身分」になったことないから、やっぱりやってみないとわかんないですもんね。

 

こわいけど、お金を稼ぐ人生を望んでる、ということを素直に認めたいと思います。

私の大切な気持ちを、ちゃんと見てあげて、許してあげようと思います。

 

現実問題、就職先もなくはないんだけど。

今思うのは、「正解」を選ぼうと躍起になるんじゃなくて、私が最も納得できる道を、妥協せずに選ぶということです。

飛び込んでみた結果、やっぱり違った!!!となるかもしれないことを恐れるのではなく。

 

今の私から始めてみる、ということではないかと。

そう考えると、無職の私だって、与えられているものがいっぱいあるもんなあ…

うん、なんか、頑張れそうです。

 

今日は自分と向き合ってるうちに1日終わりそうです…笑

先週フル活動してたので、今日はのんびりすると決めたのですよ!

焦らず丁寧に、毎日をより心地よく^^

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

広告を非表示にする