読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始末に困る人

背伸びしないで、かっこつけないで、素直に生きてみる

またひとつ自分の思いが明らかになりました。大切に思うということ。

熊本で2日間山籠りしてきました。
 
生理中のせいなのか、いろいろ気づきがあったせいなのか、
場のエネルギー的なもののせいなのか、
ずっと頭がボーッとしてました。
思考が全然働かないし理屈で考えられない。
 
ちょっと不思議な体験もしたけどそれはまた後日
 
一つ書いておきたかったことがあって。
実は私、飛行機に乗るのが初めてでした。
 
それでちょっとドキドキしながら搭乗手続きして。
ああこの飛行機落ちたらわたし死ぬんだなーと
ボンヤリ考えながら乗ってたんです。
 
当たり前のように生きているように思えるけど、
終わりは必ずやってくること。
 
出会ったすべてのものとは必ず別れがやってくる。
 
今までも、何度か「わたしが死んだら・・・」と考えることはありました。
 
でも今回、子供を産みたいって素直に認めてみて。
女としての本能というか、それをすごく感じて、初めての感覚になったんです。
生存本能というんでしょうか。
生物として死の危険が迫った時って、本能的に子孫を残そうとしますよね。
そんな感じ。
なんで、とか理屈の世界じゃなく、ただその本能に従って、乗ってみるという感覚。
 
逆らわない、抵抗しない、起こった流れにただ乗ってみる。
 
言葉に落とすと、何度も見聞きしたフレーズなんですけど。
初めて自分のこととして体感できたような気がしました。
 
いま死ぬとしたら、わたしはどれだけのものを体感できたのかなあと、ふと思いました。
わたしがこの世に生まれてきた証というか。
 
どれだけ受け取れたんだろう?わたしは。
ただ生まれて死んでいくだけの存在だけれど、こうして経験や感情や感覚は私に豊かに与えられていて。
 
真穂さんも以前そんな記事を書かれていたように思いますが、
ほんとうに「与えられることしかできない」んだなあと。
 
わたしは、与えられるものを受け取るくらいしかできない。
 
すごくすごく、それが胸に迫ってきた感覚がありました。
山の中で修行っぽいこととかもしてたんですけど、
人工的なものがほとんどない自然の中で、ただ静寂の中でそこにいる、ということ。
 
静寂なんだけど変化しないものはなくて、
雲はゆっくりだけど流れていって、
風も吹いて木々が揺れて、花びらが舞って、
鳥の鳴き声がかすかに聞こえて、
陽の当たる暖かさも一定ではなくて、
なんというか自然ってほんとすごいですよね。
 
わたしが「自分の力で」と思っていたことが、なんて傲慢だったんだろうって。
なんて驕り高ぶった勘違いだったんだろうって。
 
わたしは与えられるしかない。
 
なら、精一杯、受け取りたい。
 
そう思いました。
 
これはいや、これは思ってたのと違う、
偉そうに拒否なんかしないで、すべてを豊かに受け取りたい。
 
一時的に辛さとか苦しさがあるとして、それはもう問題じゃなくて、
悲しがるのも苦しむのもそれはそれでよくて、
でもそこから受け取る姿勢になれているか?わたしは。
そういう在り方ができているか?
 
やっぱり失恋のことを思い出すと今も辛くて、
正直言ってほんとうに感謝!とはまだなれないんですよね。
恥ずかしいけど。でもやっぱりまだそうなんです。
たぶん割り切れるときなんてこないのかなあと思いました。
それでいいんじゃないかって。
ごまかして外に言い訳を求めにいかなければ。
 
辛いは辛いけど、
それでもそこからでさえもわたしは受け取りたい。
精一杯受け取りたい。それだけは、自分で決めたい。
 
好きだった人を悪者にするのはやっぱり嫌なんです。
それはとても悲しい。
わたしは、わたしにそんなことをさせたくない。
 
だってこれだけたくさんの人がいる中でその人と出会って、
同じ時を過ごして好きになって、例え短い間でも幸せな気持ちを与えてもらって、
それを何も無かったのと同じことにしたり、憎むエネルギーに変えるだなんて
それはとても悲しいから、嫌なんです。
 
 
 
自然の中で過ごしながら、わたしが死んだら、と考えていました。
 
すべてのものと平等に別れはやってくる。
 
その、叶わなかったけれど好きになった人もそうだし、
 
今、わたしが好きな人だって。
今はこうして一緒にいられても、関係性がどうなろうが、別れは絶対にやってくる。
 
だったら、
 
その人と別れた後の、わたしの人生が幸福であること。
 
それが人を愛するってことじゃないのかな。
 
 
ここまで考えて、そっか!と思いました。
その人との出会いから、すべてを豊かに受け取れる自分でいること、
 
だから、ありがとう、になるんですね。
 
そっか。だから感謝なんだ。
ありがとうって、そういうことなんだ。
 
 
また一つ、自分なりの答えでした。
 
なんだか嬉しいです。