始末に困る人

ちょっと仕切り直してみました

自分が最後に帰るところ

就活しない。

やりたいこと探しもしない。

何かを求めに旅立たず、今この場所で、

 

ただ生活する

 

と決めてから、

一気に荷物がバサーッと肩から滑り落ちたような気持ちになりました。

 

すごく軽くなったのに、一方で、

なんというかこう、どっしりした安定感を感じるのです。

 

結局すべての原点は自分なので、

自分以外の何がどうだろうとオプションでしかなく、

それらに振り回されたり持っていかれることがない、

 

「そうなれたらいいなあ」ではなく、

「本来そうであることが真実だから、そこに戻ればいい」と今は思っていて、

 

 

最近は、

何かに所属したり、集団の中に入ってそこから楽しさや目標を与えられるのではなくて、

本当にただの生身の自分から面白さを作っていきたい、と思うようになりました。

 

たとえば今の私は大学に所属しているので、

ここにいさえすれば何かしらイベントやら講演会やら、

最先端の研究テーマやら研究データやらに簡単に触れられるし、

その輪の中にいるだけで「面白いことに関われている気分」になれます。

 

もちろんそれらを「能動的に起こしていく」人もいるわけで、

そういう人達が起こした波に乗っかって、

支えたり一緒に楽しんだり感動を受けたりして、

そうしてビッグウェーブを作り出していく、その中の一人として進んでいく、

そういうのもとても楽しいことだと思います。

 

というか私は今までそういう楽しみ方、面白み方?しか知りませんでした。

 

でもなんだか、それだと私はいつも面白くなかったなあと思って。

 

こう、面白いんだけど、私は面白くない感じ。

いまいち全身でそこに乗っかれないというか。

 

やっぱり「自分から起こしていく」の方がいいなあと思ったんです。

そうすると、すぐ「世の中を大きく変える何か」みたいな、遠くに向かって旅立つような目線になってしまっていたのですが、

そんなたいそうなものじゃなくても、今目の前にあるものでも、

何か自分がこれいいなあと思うもの。

 

 

なので、改めて私がどういう人間なのかを、丁寧に発掘していきたいと思うのですね。

本当にそのままの私が何を面白がって、何が楽しくて、何を求めたがるのか。

 

今まではこういう視点で考えようとすると(←もうこの時点で思考で考えてますが)

 

私にできること・・・やっぱり研究だよね、博士号まで取るんだし。。

私がやるべきこと・・・世の中に役に立つ、インパクトのあることをしないと。。

私が気になること・・・政治が好きだし、そういう活動をした方が喜ばれるかな。。

 

なんでもいいから挙げてみて!っていう前提でやってるのに、

どうやっても↑こういう思考が出てきて、いつもここに無理やり落ち着けてました。

 

別に最終的に研究に落ち着くならそれでもいいんだけど、

「それが私には一番無難だよね」っていう卑しい思考でそこに持っていきたくないなあと。

だってつまらないんだもの。

 

やりたいことなんてないんですけど、

でも自分の人生の楽しみくらい、自分で見つけていきたいなと思う。

いかに人の役にたつか?いかに褒めてもらえそうか?ではなく、ただただ私の楽しいことを。

 

 

そうやって生活していて、

今卒業に向けて一番忙しい時期なんですけど、

相変わらず必要最低限しか出勤というか実働してない日々を送っていて、

 

でもなんだかんだでやることはやれています。

 

たぶん、ストレスがなくなったからに尽きます。

余裕があるので、その「必要最低限」からも逃げずにいられるのですね。

 

また、これもストレスがなくなったからだと思いますが、

生活がすごく健康的になりました。

 

一番自分でも驚いているのが、自炊が苦にならなくなったことです。

外食がほぼなくなり、自炊+お弁当になりました。

 

落ち着いて時間がもっとできたら、

もっと手の込んだ料理もちゃんと毎日作りたいなあと思ったり、

実家に帰るからお母さんに家の味を教わりたいなあと思ったり、

 

畑仕事とか庭の手入れとか、今は祖母や母がやってるんですけど、

そういうことを一緒にやりたいなあと思ったりしています。

また父が自営業なのでそっちを手伝ってみようかなと思ったり。

 

そういう、自然の中で自然と共に生活するというのをやってみたい気持ちになっています。

といっても何も大げさなことではなくて、

うちは田舎なので実家に帰れば自動的にそういう生活になるんですけど。。

 

私がよく先祖のルーツだとか日本の歴史だとか言ってたのは、

もちろん純粋に日本が好きで祖先の素晴らしさに感動しているのもあるけど、

 

結局は私という自分のルーツを知りたかった、

そしてそれは、家族に代表されるような「最後に帰るところ」に対して

人一倍執着心を持っていたからなのかもしれないと、今になって思いました。

そういう最後に帰るところ、家族が欲しいってよく思ってたので。

(うちは家族揃ってるけど、複雑な問題が色々あったから)

 

だから、このタイミングでまた家族と一緒に暮らすというのは、

なんていうか。。自然なことなのかもしれないと思いました。

 

それは、「家族の問題を解決しなければ先へ進めないんだ」ということではなくて、

というか私は今は問題があると思っていないし、

変えるとしたら自分しかないので、そういう気持ちは無いんです。

 

ただ、もう一度原点に戻る時なのかなあと。

やっぱり、私を産んだ原点は両親であり実家の家族だから。

 

そこでやっぱり実家ムリ!とかになったら、そのとき出ていくことを考えればいいのだし、

なんでもありなんだけど、でも今の私の心は「家族と」っていうことなんですよね。

 

ただ生活する、

家族と。

 

今わたしの心が向くのが、ここなので。

だからとりあえずそれでいいじゃんって思います。うん、家に帰ろう。

 

今日はこんなところです。

 

広告を非表示にする